まぐる~む

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コミック化について


チーズ作った残り汁(ホエー(乳清))で作ったジャム。
ちょっと酸味が強いヤクルトにコンデンスミルクぽい甘みをつけたみたいな味です。
よく分からない説明ですが美味しいですよ~。


読み切り作を電子貸本化した後、立て続けに
「パソコンじゃなくて紙のコミックス出して下さい」ってメールや拍手いただいたので
(全部同じ人かもしれませんが)
今の段階でのお答えをしますね。


それは私も希望してはいるのですが、
私には出版そのものに口出しする力も権限もありませんので
私にメールいただいてもそこはどうにもならないのですよ。ごめんなさい。


もちろん、お気持ちは嬉しいし励みになるので
もっといい漫画を描かなくちゃ!と
結果的にそれに向けてちょっと前進することは出来ますが
私に出来るのはもっとみなさんに受け入れていただけるよう頑張って描くことだけなんです。

今お世話になっている出版社は携帯がメインで、
もちろんいずれは紙媒体のコミックス化を視野に入れているのですが
ぶっちゃけ、今配信しているものをたくさんお買い上げいただかないと
その日はなかなか近づかないのです。
普通の雑誌もそうですけどね。

でもフェアベルの作家さんはみなさん、
エロじゃないとほぼヒットしない携帯業界で頑張ってるんですよー!



もちろん、料金などの都合もあると思いますので
無理に買ってくれ!とは言えませんので
どうしても紙媒体じゃないと嫌または無理な方は気長にお待ち下さいね。


もしくは、「株式会社フェアベル」宛てに手紙などで希望を言っていただければ
ちょっとは近道になるかもしれません。
ファンレター受付とか表立ってしていないので勝手にこんな事書いたら
先方に迷惑かもしれませんが;;



お蔭様でRenta!での少女漫画部門ランキング今日の段階で1位いただきましたので
実は一歩近づいているかもです。

お買い上げの皆様ありがとうございます!

| 雑記 | 03:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「アバター」


やっとこ見てきました。{アバター」。
最近映画見る時間もなかなか取れなくて、最後に見た映画は
「ターミネーター4」だったんですが
主演が同じ人なんですね。
予告では青い人に目が行って気が付いてなかったです。

正直、予告を見たときは
「この青い人は無理だー」と思いましたし
キャメロン監督は好きなので心配もしていました。
大きなお世話。

でもアメコミとかびっくりデザインでも動いて喋ったら魅力的ということが
よくあるのでそうだったらいいな~とも思っていました。
心配するまでもない大ヒットおめでとうございます!


3Dは字幕が読みにくいと聞いたので吹き替えで見ました。
みんなプロの声優さんだったので安心でしたよ。
お初の3D映画だったのだけど、アトラクションの3Dみたいに
こっちに向かって突っ込んできたりしないので良かったです。
あれ苦手で驚いて目閉じるものだから、コンタクトずれちゃって大変なんですよ~。

「アバター」は立体感と奥行きメインでとっても綺麗でした。
空飛ぶシーンが最高!!




ネタバレ感想は
一応折下げておきますね。












ストーリーは特に目新しくもないし意外な展開もないですが
見せ方が上手でとても面白かったです。

青い人ナヴィが、見ているうちにとても美しく見えてきて、
その文化を汚しちゃいけない!と本当に思いましたよ。
動物達は基本気持ち悪いデザインなんだけど、植物は色といい私好み!

鳥っぽい奴に主人公が乗れるようになって飛び回ってるところは
ちょっと代わってよって思いました。

そんな風にうっとりしたところで人類の攻撃開始ですよ。
世界樹みたいのが倒されたところでは
もう本当に人類みんな死んじゃえって思いました。

人間に強制的に戻された主人公と
ナヴィに愛情を持った・または同情した人計5人が反旗を翻すんですが、
最初の方で主人公がナヴィの仲間入りしたのを
面白くなさそうにしていたアバターの先輩は悪い人だと思ってました。
疑ってごめんね!

ガム噛んでる飛行機乗りのお姉ちゃん好きだったのに死んじゃって悲しかったです。
このお姉ちゃんバイオハザードでもこんなキャラで
やっぱり死んじゃったんですよね…。
そういう役担当なんだろうか。

そういえば寝返った5人中女性二人だけが死んじゃうってなんかひどいな;;


主人公がナヴィにとって乗れたら神様みたいな鳥を手に入れて
誤解が解けて反撃開始して
神様?の助けで動物達も攻撃に加わり、勝利するわけですが
敵対する大佐の人がすごい強くて格好良くて
倒されるのが惜しかったです。

しかし途中で人類死んじゃえと思ったものの
本当に皆殺し状態だったのはちょっと複雑でした。
主人公さん、ナヴィが殺されるのは可哀想でも人間はいいのかい…。
この映画は勧善懲悪な作りなので細かいことは
考えない方いいんでしょうけどね。

とにかく、主人公とナヴィにとってはハッピーエンドで良かったです。



興行収入を超えたタイタニックより面白かったかというと
3Dと美術の美しさに助けられての結果かな~と思いますが
世界樹倒されたあたりから号泣しちゃったしいい映画だと思います。

ちょっと長い映画だけど、鳥でビュンビュン飛ぶあたりから先はもう一度見たいな~。

| 雑記 | 01:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと朗報です

日記連投です。

携帯じゃ読めないよ~という方がたくさんいらして
でも読みたいとの声をたくさんいただいて、うれしい反面心苦しかったのですが、
ちょっとだけ朗報です。

紙のコミックスはまだ無理なのですが、
パソコン上で原稿を見開きで読める配信が始まりました。
火曜日から配信だったのですが、原稿中だったのでちょっと発表遅れてしまいましたが
サイト様はこちらです。
    ↓

電子貸本Renta!

とりあえず、今までの読みきりをまとめたコミックスって形で
「魔なる病の診療所」「薔薇色幽霊奇談」「あなたに幸運を」「正しい下僕の使い方」
の四本掲載です。

表題は「正しい下僕の使い方」です。
サンプルでこの話の半分まで読めてしまうので(笑)
購入お迷いの方はとりあえずお試しにどうぞです。

料金が48時間300円、一年間500円だそうでちょっと割高なのと
どうしても原画より線が太くなってしまっているので
(これ気になるのは原画見てる人間だけかな;;)
手放しで喜ぶわけにはいかないですが、

取りあえず、「パケット料金かけられない」と「ちゃんと見開きで読みたい」の部分は
クリアされますので、
これならイイ!と思っていただける方は宜しくお願いいたします。


あ、どさくさで一年前の名前ミスは修正していただきました(笑)

「Virgin Ripper」ももうちょっとしたら多分、こちらでも配信されると思いますので
(多分ですが…)
9話の書き文字忘れもその時修正していただきます!

| お仕事 | 04:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9話

ちょうど原稿終わったところですが
「Virgin Ripper」9話(17・18話)
アンジーコミックスで先行配信始まりました。



病み上がりヒカリの今回の敵死神さん。

こういう目にハイライトのないキャラデザインは好きなんですが
(ブラックジャックさんとかね!)
こいつはちょっとしょーもない痛い子です。
自分で描きながら全力でツッコミ入れてました。
もっとレギュラーにするような子に使えば良かったこの目…!


痛い子っぷりにさすがのヒカリもぶち切れました。
902.gif
おしおきの時間です。
違います。


ネタバレは次回にしますね。


ところで今回、ちょっと大きなミスがありまして、
ページにして26ページ目なんですが、
携帯で18話の65~70ファイルの書き文字(効果音)が
表示されていません。

別レイヤーに描いていたのがかえって悪かったかな~。
まだ編集さんには確認取っていないのですが、多分修正は難しいと思います。

読んでくださっている方は「ガガッ」という効果音のあるシーン(バイブ付き)の後に

「キッ」「パキ」「はっ」「すとん」

と適当に脳内で入力していただけたら助かります。
携帯の表示だと書き文字なくてもそういう演出にも見えるので
大丈夫かなと思いますけど…。


お金払って見ていただくのに申し訳ありません;;


*追記*
やはり配信済みのものも含め修正していただけることになりました。
しばらくしたら直っていると思いますが
自分で確認次第報告しますね。

| Virgin Ripper | 04:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落花生で

一昨日の日記にたくさんのリアクションありがとうございます。
勢いで書いてしまったのでうっとおしかったかなと思ったのですが
賛同していただけて嬉しいです!


さて、昨日は節分でしたね。
気分を変えてお馬鹿な話題を。


以前も書いたのですが、こちらの地方では節分の豆は落花生です。
最近はニュースでも取り上げられますが
「北海道では」と言われていて寂しいです。宮城もまぜて…!
というかどの地域まで落花生なのか知りたいです。

一人で豆まきは空しいので食べるために落花生買ってきました。
原稿中なのに顔書いてあそんでました。
微妙に崎陽軒さんの醤油入れデジャブー。



で、多分ブログにする前の古い日記の時に書いたんですが
落花生を割るとおじいちゃんが居まして
髭のないお婆ちゃんを探しながら食べるという遊びを
子供のころにしていました。
あまり落花生を食べない方にはよく分からないと思うので
証拠画像を。


20100203152843.jpg
ふぉっふぉっふぉ。
ワシがおじいちゃんじゃ!



超☆仙人おじいちゃんです。
みなさんもお手持ちの落花生を割ってみて下さいね。



では、あとは原稿集中します。
今回は地域の行事が重なってバテ気味ですが頑張ります~。



| 雑記 | 11:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食文化批判


いつぞや温泉で出たヤドカリみたいなブロッコリーの本体を発見しました。
全体図はちょっとコワイです(笑)
私が調べたときは「ロマネスコ」という名前でしたが
「カリッコリー」という名称が付いていました。
ブロッコリーじゃなくて、カリフラワーとブロッコリーの合いの子なんですね。
あれらを混ぜてどうしてこうなるのか…


トップ絵変更しました。
暗いイラストですがけっこう気に入ってる扉絵です。
次回は雑誌の雰囲気ぶち壊しなライトなイラストが来るよ!



と、これで終わりにして原稿集中しようかと思ったんですが
さっきすごいムッとする話を聞いたんで
ちょっとお付き合い下さい…。



ええと、今公開中の「オーシャン○」という海映画があるんですが、
ありのままの自然をどーんと見せてくれた「ディープブルー」みたいな
すばらしいドキュメンタリー映画かと思ったら、

途中まではたしかにそうだけど、
後半突然、アジア圏の何処かの国(日本か中国??)が漁をしているシーンになって
海の生き物がとっても可哀想に捕獲されていますよーひどいですねーという
見せ方をしているそうなんです。
特にサメがフカヒレだけを切られてそのまま海に捨てられるシーンがひどいそうなんですが。

それがありのままのドキュメンタリーならまだしも
エンドロールの最後に

「その部分は人為的な演出です」とちらっと出るそうで、
実はサメはロボットでの撮影らしいんですよ。


ようするに、あまり海産物を食さないお国柄の方々が
ドキュメンタリーのフリして、海産物を好むアジア圏の食文化を批判していると。
本当にそうやって漁しているかどうかは自分の目で確認していないそうです。



最近特にシー○ェ○ードとか他国の食文化に介入しすぎだと思うんですが
自分達にとって愛すべき生き物だからって、他文化に介入して
食うなと攻撃してくるのってどうなんでしょうか。

たとえば私が好きな猫を普通に食っている国があったとしても
「やめてー」と思うし自分は絶対食べないけど
猫食うのが好きなその国に対してどうこう言う気にはなれないし言うべきじゃないし
自分だって何かの命を犠牲に生きているのにおこがましいだろうと。

でも介入してくる人達って「これは食ってもいいんだ!」と
自分の文化は正常だと思っているんだよね。

たとえベジタリアンでも、その中には微生物が絶対いるわけだし
植物は生き物じゃないというのも大きくくくったらそうだろうか?と思うし。

あ、ベジタリアンに文句がある訳じゃないのでごめんなさい。


自分が何を食べて何を食べないかはその文化内での倫理に違反していなければ
自由だと思う。
一方的な意見のゴリ押しはやめましょうよお互いに。



でも一つ皮肉を言っちゃうと
海産物食べるの批判している映画を作った方々には
次はフォアグラをテーマにした映画撮ってほしいですね!

| 雑記 | 19:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |